読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キチガイに刃物

カンニング竹山「炎上を逆手に取れば、言論を操れる怖さ」

headlines.yahoo.co.jp

あるFBIのOB捜査官が話していた。
「我々は民間人の自警団に権限は与えません。
 なぜならば、民間人の彼らは、訓練を受けた我々と違い
 抑制が利かなくなるからです」
これは1971年にスタンフォード大で行われた監獄実験でも実証されている。
学生を看守役と囚人役に分けたロールプレイングでの共同生活実験で
看守役はやがて傲慢となり、囚人役への虐待が見られるようになった。
逆に囚人役は卑屈になり、虐待にも必死に耐えるようになった。
かくして、本来のパーソナリティが役割に基づいて変貌し
崩壊の危機に陥ったことから、実験は急遽中断されたが
それでも架空の権限に麻痺していた看守役の学生らは
実験後もその役回りを続けさせろと、要求したという。
置かれた状況が、パーソナリティに与える影響を如実に物語っている。
            ◇
これはペンを本来の職業ツールとしない、一般のネット発信者も同様だろう。
「ペンは剣より強し」、「無冠の帝王」、「第三の権力」などと言われるように
ペンは人を生かすことも殺すこともできる、デリケートなツールである。
まだ不慣れな駆け出しの頃、加減も限度も考えずに筆誅記事を書いた結果
1人の官員と1人の政治家の死期を早め
さらに、1人の政治家の政治生命を絶ってしまったという痛恨の経験がある。
いち早くネットが発達した韓国では、ネット上の批判が原因で
5人もの若き男女タレントが首を吊ってしまった。
かつて、タレントのスマイリー菊池は
綾瀬女子高生コンクリート事件の犯人の一人と誤認され
ネットで告発され続けた結果、出演依頼もCMも激減する苦境に追い込まれた。
相談を受けた四課(当時)刑事らにより
数人の書き込み者が逮捕されて事件は解決した。
こうした危険なツールを、加減も分からず、セルフコントロールもできない大衆が
ネットによって手にした結果が「炎上」だろう。
記事は、10代による炎上では、抑制する者が一人もいなかったと述懐しているが
判断力も自己抑制力も未熟な世代であり
それはまさにFBI元捜査官の発言を裏付けているとも言える。
            ◇
しかし、今後もネットを通じたトラブル工作や
逆に沈静工作などは続くだろう。
たとえば中国の五毛(10円)党は、政府に不満を持つ人民の炎上沈静工作が主目的で
要員が全国に2000万人もいるという。10円×2000万人=2億円の工作予算である。
韓国では、李明博元大統領のプロパガンダ機関としてVANKがあり
朝鮮学校高等部では、ホロン部という工作集団がいる。
VANKYouTubeのKポップ動画再生数の水増し工作がバレて
YouTubeからもGoogleからも、国家ごとアクセス禁止となった。
これらに対し、アメリカはAIを利用して工作しているという。
AIが通常のネット民に成りすますシステムで
中国の人海戦術に対し、機械による効率的な対抗手段とも言われる。
トランプ当選の影にプーチンありと疑われ、FBIが捜査に乗り出しているが
ネットは大統領選をも左右するほどの重大ツールであることを
利用者は深く自覚しておくことが求められるだろう。

広告を非表示にする

面倒な勧誘いろいろ

もう入れないで!「不要なチラシ投函」を撃退する方法3選

sirabee.com

近年は中古不動産市場の流動化で、中古住宅の販売件数が新築物件を上回り
さらには、価格が新築物件よりも中古物件の方が上回るといった
逆転現象も見られるという。
このためか「不動産を売りませんか」のチラシを、よく見かける。
Jリートや不動産ファンド等に伴うマンションブームで
デべロッパー間での土地の買い取り競争は激化しており
土地の仕入れに苦慮しているという。
その割には、かつて我が両親が、原野商法に騙されて購入した
不毛の原野を買い取る申し出が、一向に来ないわけだが…
             ◇
この数年来は、勧誘・宣伝目的の迷惑メールの多さに辟易する。
一日に50件も受信している。
もちろん、迷惑メールフォルダーへ直行だが
週末、休日を挟むと、500件に上ることがある。
実在の企業名を名乗るものや、意味不明な海外ドメインのウィルス添付メールや
見知らぬ個人名で、馴れ馴れしい口調で「会いたい」
「無視しないで返信ちょうだい」などとほざく、高額メールサイト誘導メールなど
種類は様々だが、いかに迷惑メールに設定しても
日に何度もドメインを変更するので、焼け石に水である。
総務省に転送するぞ、コラ」と返信しても、機械メールなので受信されない。
お手上げである。
             ◇
宗教の勧誘も煩わしい。外出時は、常に思考をめぐらしながら歩くので
悩みを抱えた、人生に迷えるおっさんに見えるのか、よく声を掛けられる。
ある時、エホバによる自宅訪問を受け、あまりに執拗なので
「手術が必要な時に、信仰上の理由で輸血拒否をさせられるのではかなわんぞ!」
と言ったら、逃げるように去っていった。
また「入信すると、血液が浄化されてガンにかからなくなり
また、すでにガンを発症した人も完治します」などという
怪しげな団体の訪問があった。
そこで「それが科学的に実証されているならば、なぜ学会で発表しないのだ?
それが真実ならば、世紀の大発見として、世界的にニュース報道され
発見者はノーベル賞候補者に推薦されるだろう」と問い詰めたら
相手は返答に窮し、挨拶もそこそこに逃げ帰った。
しかし、最近はそうした論議も面倒なので、別のカルトを名乗ることにしている。
創価学会の場合は「私はエホバ会員です」
統一協会の場合は「私はモルモン教徒です」
真光の場合は「私はアレフ信者です」

…かなりの効果あり。

イスラム以外から狙われ続ける日本

英コンサート会場で爆発、19人死亡 自爆テロ

www.asahi.com

日本で、なぜイスラムテロは起きないのかを不思議がる外国人の声があるようで
その考察を翻訳した動画がいくつか、公開されている。
実際には、オウムによるサリンテロや
古くは東アジア反日武装戦線による三菱重工、道庁爆破
日本赤軍浅間山荘事件、東大安田講堂闘争、成田闘争もあり
近年では、ペルーの日本大使館籠城事件
東南アジアのレストランでの日本人集団襲撃事件
ISによる軍事企業社長とジャーナリストの斬首事件
アルカイダによる2chネラー斬首事件
さらに身近なところでは、特亜での反日暴動、北鮮の日本人拉致事件
現在は沖縄米軍基地での、非暴力を標榜しながら暴力に近いテロもある。
礼儀正しく、勤勉、誠実、温厚、親切、規律正しさで
世界に評価されながらも、大人しい日本人は
これだけのいわれなき悪意に囲まれ、危険に曝されているのである。
テロ共謀罪を取り締まる法案成立も当然であろう。
          ◇
しかし、テロの本場イスラム圏から、本格的に狙われたケースは
確かに耳にしたことがない。
空港に礼拝所を設け、ホテル・レストランはハラルを学んで用意し
ホテル客室にはコーランケルト配備する日本の気遣いに
敵意を抱く狂人がいるとは思えない。
かつて、アルカイダのテロリストが日本に潜伏し
テロの実行が計画されたこともあったという。
ところが、何も知らない近所のおばちゃん達の
あまりの私心無き親切さに良心が痛み、テロの決行が忍びなくなり
中止してしまったとの逸話もあるようだ。
イスラムの敵であるアメリカの同盟国とはいえ、直接敵対するわけでなく
むしろ自分たちの信仰に敬意を示し、誠意と善意を示す日本人を
憎む理由は確かにないだろう。
もっとも、かつてボランティアスタッフまでも手に掛けた
アルカイダのザルカイのように、見境無き狂人もいるので楽観はできないが
そうした無心の善意に対し、逆に不合理に憎悪し、悪意で付け込み
仇で返す狂人といえば、人類とは遺伝子が異なる鮮人くらいのものではないか。

www.youtube.com

福祉財源の負担は企業社会も負うべき

サラリーマン目線の広告に共感 「労働時間削減、結局現場にムチャぶりですか?」 サイボウズに狙いを聞く

headlines.yahoo.co.jp

労働改革は収益減のリスクと隣り合わせのため
効率の良い生産システムへのイノベーションが無ければ
時短も容易ではないだろう。
しかし、それも企業経営の考え方次第だ。
今期の決算は、どの業種もプラスだったという。
中にはバブル期を越えた好決算を記録した業種もあるとのこと。
前年度の社内留保の総額は、311兆円から
511兆円へと飛躍的に増加したとの発表もあった。
         ◇
それでいて、いまだに高校を卒業できずに中退したり
大学に進学できない、または奨学金の返済に不安が残るといった
子供の貧困が解消されずに社会問題となっている。
保育を受けられない待機児童の問題も解消されていない。
この矛盾点の原因は、一つしかない。
政府の景気対策の恩恵を、企業側が独占して食い逃げしているからに他ならない。
政府の景気対策という所得再分配政策は
特定の企業・業種に利潤をもたらすことが目的ではない。
企業社会が所得再分配役として機能し
恩恵を社会還元することに眼目が置かれている。
しかしながら、企業が自己保身ばかりを考え
国富を独占する状況に陥るならば
かつて民主政権を生み出して失敗したように
福祉偏重を求める世論が再興することになりかねない。
         ◇
最近はJRが高級ホテルと見間違うような高級車両を導入し
高額の国内旅行を売り出すケースが見られるが
ターゲットは所得に余裕あるシニア層であって、若年者ではない。
ビジネスであるから、誰をターゲットにしても良いが
幼児期はベビーブームで甘やかされ
学生時代は、全共闘で怪しげな思想にかぶれて破壊活動に邁進し
長じてはバブルの恩恵に浴し、後代にツケだけを残した団塊層が
優雅な高額旅行をする一方で、将来を担う子供達が教育も受けられないような
格差の先に待ち受けているのは、国家の破滅である。
日本は修正資本主義として偏向を避け、バランスを保ってきて今日がある。
企業の自由競争の一方で、福祉体系も構築してきたが、福祉財源にも限界がある。
その負担は企業社会も担う責務があるとの認識が、経営陣には必要だろう。

裁量・忖度は当たり前

「首相夫人の名前出れば、気配り当たり前」元理財局幹部

www.huffingtonpost.jp

「誰が相手方に関係しようが、きちんと法令に基づいて対応…」
処遇に差別なく、公平公正を前提に法令通りの公務を執行するのは
行政として当たり前だ。
だが、それはあくまでも行政の前提でしかない。
以前にも助役の談話として書いたが
法令通りの執行しかしないのであれば
決裁権を持つ高給取りの幹部などは不要であり
係長・主任以下、安月給のヒラ担当官だけで十分ではないか。
まさしく区役所の窓口係と、事務処理係だけで良いのである。
          ◇
課長、部長、審議官、局長、技監、事務次官
役が上がるほど決裁権、決定権は強くなり
強大な公権力が付与され、高級も保証される。
何のために、彼らはいるのか。
つまり、庶民が持ち込む相談案件や陳情、要望、申請などは
どれもが画一的で単純というわけではない。
法令だけの解釈では、機械的に処理できない案件が世には無数にある。
今後の公務執行に当たって
予期せぬ支障をもたらしかねない困難事例もある。
そうした場合には、超法規的とも思えるような
大胆な政治判断が求められる局面もある。
その場合、決裁権も決定権も限られた組合級レベルの職員だけでは
対処のしようがなくなり、公務の停滞を招く事態となる。
それ故に、多年にわたって様々なケースに直面し
業務経験を重ねてきたベテラン幹部が
その経験に鑑みて政治判断を下し、受諾許可を与えるのである。
          ◇
その結果が、J・ベンサムの説いた「最大多数の最大幸福」に基づき
国民に利益をもたらすならば、法令の拡大解釈や忖度も
行政目的に適った決断であり、正当な公務執行と言って良いだろう。
そして、これが今後の類似ケースに対処するための前例・実績、経験則となり
代々引き継がれていく。
そして、それらは他省庁、地方自治体などにとっても重要な参考事例となり
普及拡大して慣例となっていく。
公務とはこのように構築されて、完成度が高まっていくのであるから
明治政府以来、構築されてきた行政組織と官僚機構の層が厚く
行革で定員を削減したり、機構改革による統合・再編などが
容易にできない理由はそこにある。
かつて外務大臣のポストに傲り、大胆にも官僚組織を敵に回し
強引な改革を試みた田中真紀子が、逆に更迭の憂き目を見たのは
そうした初歩も理解していなかったど素人だったと言うべきだろう。
          ◇
日本は社会主義国ではない。
かといって、自由放任主義の冷酷なジャングル資本主義でもない。
双方を兼ね備えた修正資本主義である。
融通の利かない機械的な公務処理は、行政執行の基本ではあるが
それだけでは完璧ではなく、政治的判断によって
公務の欠陥や限界をカバーするのが体系的な構造であるから
場合によっては裁量や忖度があるのは、至って当たり前である。
ただし、前提はあくまで原則を貫くことにあるから
公式には「誰が相手方に関係しようが、きちんと法令に基づいて対応…」
と、発言するしかないのである。
          ◇
その意味では、政治権力や官僚の公権力を
目的のために利用しようとした籠池のおっさんは
道義的にはともかく、戦略の方向性としては間違っていなかったのである。
ちなみに、そうした裁量や忖度を換金し
私腹を肥やすのが、特亜の汚職役人である。

2mの擬態日本人が増殖??

宇宙人が見つかったらどうする?… 各分野のトップ科学者18人の究極の回答とは?

ddnavi.com

NASAは公式発表しないが、火星探査機から送られる画像には
様々な人工構造物や、生物などが写っている画像もあるようだ。
宇宙の構造と生物のあり方については
アインシュタイン相対性理論ニュートン万有引力の法則や
ダーウィンの進化論が長らく常識とされてきたが
最近はそれらが各学会で否定されており
量子力学が主流となりつつある。
その結果、4次元どころか11次元までが想定され
宇宙の始まりもビッグバンではなく
意志を持って構築されたとの説もある。
誰がどんな意志を持っていたのか、気になるが
太古に知性を得た生命体ということなのだろう。
          ◇
近年、話題になったのは、かつて中断されたアポロ計画では
月の裏側で巨大な宇宙船と、船内には乗組員である宇宙人が
一人は腐乱死体、もう一人は仮死状態で発見されたため
それらを回収すべく、極秘裏に継続されていたというものである。

www.youtube.com

先の米大統領選では、ヒラリー氏が本命視されていたにも関わらず
トランプ氏が勝利して世界中が驚愕した。
その勝因とは、ヒラリー氏は宇宙人が地球で暮らしていることを認めており
当選後に公式発表することを公約としていた。
しかし、存在を知られたくない宇宙人は、トランプ当選のために
暗躍していたとの説がある。
宇宙人の種類として、知られているのはレプティリアンやグレイ
プレアデス、トールホワイトなどがあるようだが
グレイを除けば、長身であるという。
そして、グレイ以外はみな人間に擬態できるので
見分けがつかないという。
しかも、アルゼンチンにはプレアデス人が暮らす集落があるという。
そういえば日本でも、2mに近い不自然な巨人が増えてきた。
地下鉄車両に必ず一人は見かけるようになった。
いかに戦後の日本人の体格が向上したとはいえ
2mにまで巨大化する遺伝子は、日本人にはないはずだ。
エルフ伝説のある北欧の人々ですら1.8~1.9m程度だろう。
G馬場は2.9mだったが、巨人特有の末端肥大症であった。
しかし、地下鉄で見かける巨人は、均等に拡大化されている。
なので、周囲から浮いているような巨人は、宇宙人の擬態ではないかと
つい思ってしまう。
          ◇
大槻教授がまた怒り出しそうだが、地球物理学だけが
宇宙の全てではないと考えるしかないだろう。
何しろ、地球でも内部には別の空間があり
身長が3mもの巨大な地底人らが暮らしているなどという説もある。
我々の常識では理解できない、いまだに未知なる謎があるのだろう。
ロシアで、地底を調べるためのプロジェクトが実施され
12㎞まで掘削したが、途中の地底約4~5,000m地点で
掘削機に備えられたマイクは、数百人の人の呻き声を拾ったという。
また、北極・南極には地底世界への入り口があるとか
UFOは火山の噴火口を出入り口として
地底基地から現れるとの説もあり
何れも、否定も肯定もできる状況にはない。

新国立競技場の建設現場に日本人の職業意識を見た中国人ジャーナリスト

サッカー観戦で訪日した中国人「試合内容より、同胞に伝えたいと感じたことがある」=中国報道 news.searchina.net

m.news.searchina.net

 日本は中国、北朝鮮、韓国など、特亜三国との歴史認識の葛藤により
ひたすら敵視政策の対象にされるが
中国メディア「百度百家」は、中国人ジャーナリストが偶然、目にした
新国立競技場の建設現場に、深く感銘を受けたとする記事を4月23日付で公表した。
記事によれば、中国人ジャーナリストは
母国の友人らとAFCチャンピオンズリーグ
川崎フロンターレvs広州恒大」を観戦するため
等々力陸上競技場へ向かっていたという。
その道中で新国立競技場の建設現場を通りかかり
その建設風景を目にして驚いたという。
巨大な建設現場の各ゲートには、工事車両の出入りを管理する警備員が必ず配置され
通行人に対しては礼儀正しく
工事車両が通行人を傷つけないよう気を抜かずに警備していた。
また、現場は巨大でありながらも、中国の現場と違って
砂埃や土埃が舞い上がる様子がないので、その原因を観察したという。
その結果、すべてのトラックが、場外に出る際には
みな車体を洗浄していることに気づいた。
それを見たジャーナリストは、些細なことかも知れないが
それでも手を抜かない日本人の丁寧で真面目な仕事への向き合い方に
深い感銘を受けたという。
そして、これほど真面目に取り組む日本人のことだから
東京五輪も必ず成功するだろうとの感を強くしたという。
東京五輪といえば、とかく大会運営費や施設整備費の膨大さが批判の的になったり
会場変更にまつわる混乱や、大会運営委と都知事との険悪な対立関係など
影ばかりがクローズアップされる。
            ◇
かつて麻生財務大臣が、インドの鉄道建設公団総裁と面会し
ニューデリーの地下鉄が日本のODAで建設されたことを説明するプレートが
掲示されていたことに感謝した際、総裁はむしろ、鉄道建設を通じて
日本人の職業意識の高さに多くを学べたことに感謝したという。
時間厳守の意識に甘さがあるインド人と違い
日本の職人は早朝から勢揃いしていたこと
納期を徹底的に守ろうと努力すること
そのお陰で工期が縮まり、計画よりも早く竣工したこと
そして、運行はストップウォッチで計りながら、ダイヤを正確に守るなど
日本職人たちの手抜きをしない厳格さと職業意識の高さは
同じ技術者としても衝撃的で深く感銘を受けたようだ。
            ◇
政府の観光立国政策のお陰で、訪日する外国人は毎年ウナギ登りだが
ほとんどの諸国民が日本の街の清潔さや、日本人の腰の低さ、誠実さ
そのお陰で維持される高い治安などに驚き、称賛している。
東京五輪は、競技や選手ばかりではなく
そうした日本国と日本国民のあり方そのものも見せ場となるだろう。
影ばかりにスポットを当てず、日本の美徳をさらに磨く努力をすべきである。
その意味では、抗日意識で敵視政策を国是とする国家のマスコミ人をして称賛させた
新国立競技場の建設現場は予期せぬお手本となり
優れた外交を果たしたと言えるだろう。