左派思想を強いて擁護するなら…

ネット右翼」の主役は中高年男性? エスカレートするその心理

dot.asahi.com

日本人が、なぜ右傾化したのかは以前にも書いたが
元はGHQの捏造史観を、支那・南鮮が悪用し
その手先となった日教組外資買収マスコミが
GHQの通達であるWGIPをいつまでも堅持し
デタラメの自虐史観を吹聴し続け、日本国民を騙していたことに
日本国民が気づいた結果だ。
ただし、歴史の嘘に気づいたのは良いが、ここで重要なのは
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」の気構えである。
右派も左派も、とかく心情的に不愉快で
理論武装には不都合な敵勢の情報には目を背け
思考停止したがる傾向があるが、これでは情報と認識が偏り
真実を見誤り、暴走してしまうリスクが高くなる。
             ◇
仮に右派は旧西側陣営のように欧米型金融資本主義
左派は旧東側陣営のように社会・共産主義
経済体制で大別するならば、双方の構造と問題点を知る必要がある。
背反する双方の思想・体系を知り、総合的な情報と認識を持たなければ
思考・判断は偏り、極端な思想に走り、バランス感覚を失い
やがて暴走に至るリスクが高い。
今回の件で、署名者には中高年が多いとするなら
彼らは金融資本主義は知っていても
社会・共産主義の何たるかを知らなかったということではないか。
             ◇
オカルトめいた話だが、新世界秩序を目指す者による悪事を総称する
ユダヤ陰謀論」などというものが、まことしやかに囁かれる。
金融資本主義に基づき、1%の支配層が99%の世界人類を金融奴隷化し
搾取しながら、その富を独占していると言われるが
実際に、これがために金融資本家の拠点となるウォールストリートで
米庶民による抗議の暴動が起きた。
この時、私有財産制を否定・制限する社会・共産主義
その独占された富を再配分して
平準化しようという理念であることを理解していれば
その存在意義も理解されるだろう。
一方だけが絶対悪ということはなく
それぞれの思想に使命・役割があり、合理的な論拠と正当性がある。
そうした双方の思想に対する理解を持てば
右派も左派も極論へ暴走することはなくなり
やがては、その中庸たる修正資本主義の理想に気づくことができるだろう。
この思想は、競争原理とセーフティネットの双方を合わせた体制で
目下のところ、これを越える新体制というものは登場していない。
             ◇
一方、私有財産を否定・制限し、なんでも共有財産としたがる社会・共産主義
さらには国境までもなくして、民族の個性や格差を否定する
インターナショナリズムへ盲進しようとする傾向があるが
これは、各国がナショナリズムを以て自立・独立した上でなければ
封建的主従関係を生み出すリスクを伴う。
他国に債務を持つだけでも、債務国は債権国の支配を受けることになる。
右派と呼ばれる保守派が警戒するのは、これによって民族の独自性が奪われ
自治権と自決権が奪われ、自由が他民族によって制限されることに他ならない。
             ◇
経済体制の発展形態は
狩猟・漁労→牧畜→農耕→農工→農工商→重工主義重商主義
→重金主義→資本主義→社会主義共産主義へと変化していく。
つまり、競争原理の市場主義経済で
各国が国力の源泉たる国富を十分に確保した上で
次のステップとして、再分配機能を強化して格差をなくし
貧困を解決することで、誰もが必要十分の暮らしを享受できる
福祉社会の実現が可能となるだろう。
金融資本主義の祖であるイギリスで
ゆりかごから墓場まで」の手厚い福祉政策を行い
儲け主義・拝金主義のアメリカで大成した実業家が
慈善事業に参入するようなものである。
こうした全体像を念頭に置いて、各思想・主張を眺めるなら
極端な思想・言動の暴走に、自律的にブレーキをかけることができるだろう。

ダメ企業の原因は、ダメ社員でなくダメ社長にあり

社員が辞める・採れない・育たない「ダメ中小企業」の共通ポイント

biz-journal.jp

悲しいかな、自分の職場も人材の定着率は異様に低かった。
経営者は即戦力を宛てにして、独断で中途採用ばかりを繰り返した。
「こいつを採用したから、後は宜しく~」と、突然に履歴書をつきつけてくる。
見れば、どれも異業種の者で、未経験者ばかりだから
中途採用とはいえ素人の新人も同然だ。
中には、自分よりも年長の新人や主婦もいた。
もっと酷いケースでは、身分を隠した共産党員や
統一協会員まで紛れ込んでいたのである。
それでも、自分の仕事を抱えながらも、仕事先へ新人を連れ歩き
職場にあっては、様々なマナーや業界の慣例、職務上の技法などを伝授。
その間には、独善的な経営者に反発する者や口論に発展するケースもあり
板挟みとなって、仲裁に手を焼かされることも多かった。
また、職務に自信をなくして落胆している新人を
自腹で接待し励ましたりもした。
中にはクビになった者もいたが、解雇の通告はなぜか経営者でなく
「お前から伝えてくれ」(雇ったのは、お前じゃねーか!)
そうして、ようやく独り立ちできるまでになった暁には
「以後は自力でやれ」と尻を叩き、手を離す。
けれども、その頃には実力と自信がついたのか、なぜかみな転職してしまった。
つまり、こちらが教えたノウハウと
この職務のお陰でできた人脈を、他社で生かすことになるわけだ。
これでは、まるで他社の人材を育成するための研修係官で
育成の労力と時間が無駄となり、それまでの日々が虚しくなる。
しかし、そんなことも考えない浅慮の経営者は
ノーテンキに送別会を開いて送り出す。
そして、数日後にはまたも無責任に「こいつを採用したので…」
いつか、どやしつけてやろう。
「オレは学校の教師じゃねーぞ!」

仕事に役立ったナンパ経験

中国人女性が語る日本「中国国内では絶対にありえないことが起きる国」

news.searchina.net

勉学一筋のカタブツだった大学の候。
これだけでキャンパス生活が終わるのも、つまらん人生と考え
卒業まで猶予ある2回生の折りに、一度くらいは若者らしい
軽佻浮薄でアホな生活を経験してみようと思い立ち
1年間の期間限定でナンパに励んでみた。
まずは原宿のモデル事務所で、スカウトのバイトを始めた。
収穫はもちろんゼロであったが、基礎は学ぶことができた。
慣れてきたので、新宿で本腰を入れ始めた。
容易な作業ではなかったが、勉学の応用で研究を重ねた結果
成功率は80~90%にまで向上することができた。
しかし、3回生へと進級したことを機に、ふと我に返った。
自分のしていることの浅ましさと、軽薄さを痛切に感じるようになり
バカもここまでとしようと、予定通り1年で止めてしまった。
しかし、この経験は後の職業に大きく役立ったのである。
人の警戒心を解いて油断させ、本音を引き出すといった
コミュニケーションが主業務となる職業は
臆していては勤まらないのである。
とりわけ相手は庶民よりも一際、警戒心が強く
発言に慎重な官吏であったり
駆け引きの得意な、一癖も二癖もある政治家ばかりである。
騙されたり、乗せられることなく有力情報を引き出すには
生半可なコミュニケーション力では、太刀打ちできない。

芸能ビジネスは賭博と売春のやくざ世界と知るべき

地下アイドルへの「やりがい搾取」。圧倒的な力関係に泣く少女たち

www.2nn.jp

年端もいかぬ世間知らずの小娘達には
実感が持てず、または目を背けていたいのかも知れないが
芸事の業界を支配しているのは、在日と極道者の興行師といった
人の道から逸れたならず者であることを知るべきだろう。
企業のように斬新なアイデアを発案し、画期的な製品を開発し
巧みに販売ルートを確保して、大成していく堅実な実業ができない連中は
男芸者や娼婦のような身売り・賭博のような生き様しかできない。
だから、芸能界には事務所側もタレントも在日者が多いのである。
かつて先輩記者から、戦中派の興行師を酒席で紹介されたことがあるが
二言目には恫喝めいた怒鳴り口調で、まさにヤクザ者である。
幸いにして矛先はこちらではなく、その先輩記者のみに向いていたので
終始黙殺したが、もしもそれがこちらに向いたなら
瞬時に拳が突き出ていただろう。
             ◇
保護者たる親は、娘と一緒になって
夢見る夢子ちゃんとなって浮かれるのではなく
そうしたシビアな現実を教え込み、極道者が支配するやくざ社会へ
敢えて自ら参入することの意味と覚悟を伝え
被害に遭った場合の心の備えと対策を用意しておくことが重要だ。
それがあったなら、この幼気な娘の悲劇もなかっただろう。

クレームの意味とは

「ゴキブリを持って土下座」「電話越しに排泄音」悪質クレーマーからの被害がエグい
(週刊女性PRIME - 10月09日 22:00)

headlines.yahoo.co.jp

かつて一度だけ、クレームをつけたことがある。
某市役所地下にある、あまり小綺麗ではないラーメン食堂で
ラーメンを食った時のこと。
食い終わってから、残ったスープを飲もうとして、ギョっ!
小さなゴキブリの子供が浮いているではないか。
これは黙っているわけにはいくまい。
そこで周囲の客に気づかれぬよう、黙って店員に手招きをして呼び寄せた。
やってきたおばちゃん店員に、何も言わずにどんぶりを指した。
おばちゃん店員は、いかにもおばちゃん特有の大声で
「あらまっ!これはすいませ~ん!」と叫びだした。
声に驚いた厨房の店主がこちらを見る。
慌てて、指を口に当てて制止した。
しかし、こちらが周囲の客に気づかれないよう、気遣っているのに
それでも大声で
「申し訳ありません!違うのをお持ちしますか?」と言う。
だが、こちらは大食漢ではないので、小声で
「いや、もう食ってしまったので、これ以上は食えないから良い。
 以後、気を付けて下さい」と、会計を済ませて出た。
           ◇
クレームというのは、サービス提供者の落ち度を当事者本人に気づかせ
改善を促すことであって、大袈裟に騒いで他の客に触れ回り
評判を貶めることではない。
鬼の首を取ったような、思慮も配慮も分別もない
愚かな利己主義のクレームは、相手の反省を促すどころか
逆恨みを買うだけである。

スポーツにも表れる日本精神の高潔さと気高さ

スポーツに国境なし! たった3文字で中国ネット民の大喝采を勝ち取った日本人ボクサー=中国メディア

news.nifty.com

スポーツは、勝敗結果も大切だが
その過程と結果に対する態度が、選手の品位と人間性を決める。
負けを潔く認めず、勝利のためには不正も辞さない
見苦しい者の見苦しい勝利は、誰からの評価も得ない。
その意味で、先のテニス・大坂選手の態度は、聖人のように立派だった。
ブーイングの嵐に包まれ、不当なプレッシャーを受けながらも
最後まで気丈さと冷静さを保ち、そして念願の舞台で
目標とする上位プレイヤーを相手に、念願の勝利を得た。
本来ならば、狂喜乱舞して満面の喜びを示すところだが
観客の心情に配慮した大阪選手は、喜びをひた隠し
表彰式では、ブーイングを続ける観客に勝利を謝罪し
観戦への謝礼を述べると共に、対戦相手にも謝辞を述べる謙虚さを見せた。
こうした、鼻持ちならぬ傲りのない、誠実な姿勢は
ブーイングをスタンディングオベイションに変えた。
             ◇
その潔さ、思慮の深さへの感動は、まさに国境を越えるものだろう。
女子バレーでは、中国に敗れた日本選手団
試合後に中国チームの監督の前に並び
丁寧に頭を下げて、敬意を表したという。
予期せぬ行動に、監督は躊躇したようだが
日本選手団の謙虚さに深く感じ入り、大きく手を広げて拍手を送ったという。
サッカー男子は、ロッカールームを自主的に清掃し
開催国の言語であるロシア語で感謝を示したプレートを掲示して引き揚げたという。
そして、観客は勝敗に関係なく、客席を清掃したことは、いつも話題になる。
ある中国人ネットユーザーは
「応援していた自国チームが負けたのだから、深く落胆しているだろうに
 それでも割り切って清掃する日本人の民度は、おそろしい」と称賛していた。
             ◇
このように、日本人の精神の高潔さは、スポーツにおいてもいかんなく発揮される。
反して、敗退したらダダをこねて居座り、次に予定される試合の進行を妨害したり
勝つことだけに拘り、ラフプレーや反則、妨害などの挙げ句に
審判まで買収するK国とは、まさに正反対である。
敗北し、観客の期待を裏切ることとなった結果を謝罪したこのボクサーにしても
本来は敗北の無念や、実力不足を見られてしまった恥辱に耐え難いはずだが
愚痴や言い訳じみた負け惜しみなどではなく、率直に謝罪したその姿勢と心意気は
見事にして天晴れというべきだ。
先の大戦で、日本は戦闘には敗れたが、戦争には勝ったと評されるように
これらの優れた人格を示したプレイヤー達は
試合には負けたが、勝負には勝ったと評価して良いだろう。

日本国民はなぜ右傾化したのか

沖縄県知事選2018リポート。キャバクラ3軒ハシゴしてわかった、「カルト」発信源のデマに侵される若者たち

hbol.jp

日本人はGHQの謀略であるWGIPによって
政治的無関心へと誘導されてきた。
WGIPの標的となったテレビや新聞などマスコミは
芸能情報やスポーツ情報など、政治とは無縁の娯楽情報に偏向し
1億総白痴化へ誘導するとともに
日本国については誤った戦争責任を煽り
日本を敵視する支那・朝鮮を礼賛し、連中が流し続ける捏造史観のデマを
正しい主張であるかのように偽装し、称賛してきた。
また、同様に標的とされた学校では、教職員組合が幅を利かし
近代史を教育せず、歴史教育と言えば、縄文・弥生の原始時代に始まって
江戸時代か明治維新止まり。
このために日本国民のほとんどは、国際社会の実態と
近代日本の置かれた立場、そして真の開戦理由を知らないまま
無知蒙昧の暗愚状態に置かれてきた。
そして、それらに加担し助長してきたのが
破壊主義の危険思想を標榜する反日極左である。
           ◇
しかし、この暗愚状態はネットの台頭で一変する。
歴史の真相を暴露し、解説する歴史専門サイト、ニュースサイト
ブログ、動画のほか、ニュースメールの配信など
従来の一方通行ではない、双方向のメディアの登場により
日本国民は、GHQや周辺国の陰謀を知り
歴史の嘘に気づき、騙され続けてきたことに感づいてしまった。
その期間は、なんと約70年に及ぶ。1年や2年の話ではない。
1、2年でも心外極まりないことであるのに
70年にもわたって、必要のない賠償と謝罪を
繰り返させられたペテンに対する怒りたるや、半端なものではない。
           ◇
あまつさえ、勤勉で誠実で真面目で謙虚で正直であることを
万民が実践すべき重要な徳目とし
それを成立させるために、厳格な社会を形成し
一人一人が厳しい自戒を以て生きてきた日本人が
最も嫌うのは詐欺や虚構である。
そうした日本国民を激怒させてしまったGHQ
支那・朝鮮、反日マスコミ、反日極左
取り返しのつかない大罪を犯してしまったのである。
かくして、もはや後戻りのできない状況へ導いたのは
それら反日反動勢力であり、愚かしくも自らの首を絞める愚行を犯したと言える。
よって日本人は、最初から保守的だったのではない。
日本人を保守的に右傾化させたのは、他ならぬ左派勢力自身であって
連中にとっては自業自得だが、日本国民にとっては重大な裏切りであるから
報復の意図も含めつつ間違った認識・世論を正そうとする潮流へと
世相が大転換したのである。
           ◇
したがって、こうした反社会的愚者どもが
いかに保守国民を「ネトウヨ」と罵倒し、侮辱したところで
日本国民の認識と世論が
今さら、WGIP時代に逆戻りすることはあり得ず、むしろ逆効果でしかない。
ネトウヨ」などと罵倒すればするほど
正常なセンスを取り戻した日本国民の反動勢力への憎悪と怒りが募り
噴出するだけである。
かくして、今後は正当な理由や建国の理念な無き破壊的反日主義は
危険思想として、日本社会から排除される方向に向かう以外はないだろう。
その結果、反日主義者は極道者と同様に日陰者として排斥され
肩身を狭くしてこそこそと人目を忍びながら
哀れに生きるしかなくなるだろう。
思想を改めて出直す者は賢人だが、頑なに誤った思想に拘泥し
思考停止する者は愚人である。