テロップで流すほどのニュースでもない

アベノミクス景気、終焉の兆候…都心の戸建て住宅、1割値下げしても売れず

biz-journal.jp

今朝はテレビのワイドショーの番組中に
テロップニュースが流れた。
またどこかで地震か?と思って注目したら
GDPが2年ぶりに減少したとの内容であった。
TBSだけかと思い、チャンネルを変えてみたら
フジテレビでも同様の内容で表示。
       ◇
景気はバイオリズムであり、循環である。
ジュグラー、チキン、コンドラチェフなど
様々な経済学者が独自の見解に基づき
好況・不況の周期を提唱しているではないか。
ラウントリーなどは、貧困の悪循環までも提示している。
そうした変動を考慮するなら、GDPが一方的に増加し続けることなど
そもそもあり得ないのであるが、たかが0.6%の減少で大騒ぎとは
報道側の意図が見え見えである。
むしろ、中古不動産が高騰し続けたこれまでの動勢こそ、異常だったのである。
       ◇
かつてのバブルは、アメリカが仕掛けたものである。
軍備費負担による財政収支と貿易収支の双子の赤字に苦悩するアメリカが
各国に対米貿易を手控え、内需拡大を呼びかけたプラザ合意が切っ掛けとなった。
これを受けて、ワーカーホリックと各国から揶揄されてきた日本は
リゾート法を制定し、それを浸透させるために週休二日制を導入し
そして、その便益を図るための公共事業に注力した。
不動産バブルは、そうした公共事業用地の価格高騰を期待した
デベロッパーや不動産業者、投機家たちが
行政を相手に手堅い転売益を狙って発生したものである。
       ◇
ところが、そこには誤算があった。
行政の公有地取得は、市場価格ではなく
路線価を基準とした適正価格しか適用されないため
転売益を目当てに
単に受給を反映して釣り上げた市場価格などは通用しないのである。
価格交渉でゴネたところで、政策的に都市計画決定されれば
土地収用法に基づく強制代執行により、没収されるだけである。
したがって、政策的な事業計画の決定を見越して
当該用地を先行取得した欲深い民間同士が
いくら高値取引していようが、行政には関係なく
最終的に最高値で取得し、有力な転売先も見つからないまま
行政との取り引きを余儀なくされた者が、泣くことになる構図である。
       ◇
これがバブルの全貌というわけではないが
不良債権が発生した大きな要因となったことは確かだろう。
そうした損失から見れば、GDPが2年ぶりに微減したことなど
大した問題ではなく、それを以て「すわアベノミクス失敗」などと喧伝し
退陣を期待して狂喜乱舞するのは、早計の極みであり愚の骨頂である。

みんなで貧乏を目指した「失われた30年」で失われた平衡感覚

「日本は本当に貧乏」クラウドワークス副社長のツイートが話題に コーヒー200円台は「東南アジア的になってる」

news.careerconnection.jp

根の深い問題なので、少し言及しよう。
バブル期に浮かれていた、慎みの無かった連中は
バブル崩壊で、みな惨憺たる憂き目を見ることとなった。
山一証券が潰れ、都銀たる北海道銀や日本長銀が潰れ
住専不良債権処理が長引き、その他の企業も倒産しまくり
勤労者の所得も減少の一途。
いきおい庶民は消費を手控え、家計防衛の守りに入る。
その結果、サービス業も小売業も旅館業も飲食業も
企業防衛のために不当ダンピングの価格破壊で
少しでも顧客を囲い込み、消費を促すしかなかった。
             ◇
ところが、バブル期に贅沢の味を知ってしまった庶民の目は
肥えているため、手抜きサービスへの視線は厳しく
企業は「安かろう悪かろう」が許されない。
このため、全ての産業はコストに見合った価格設定ができず
採算性を度外視した経済原則に背反する不合理な事業展開を余儀なくされた。
これが非生産的なデフレスパイラルの原因となった。
デフレスパイラルは、縮小再生産のらせんであるから
破壊的な構造だが、企業も庶民もその感覚が麻痺し
それを当然と錯覚するに至った。
まさに、企業も庶民も手を取り合って
みんなで仲良く「貧乏」を目指していたのだから
経済が成長を望めない不合理な構造となって当り前だ。
             ◇
毎度主張することだが、大切なことは
企業がアベノミクスの構造と効果を直視し
回復基調に向かっている現状を正当に評価して
保身に逃げ込む臆病心を捨てることだろう。
デフレ時の不当廉売競争の悪夢ばかりに囚われて警戒し
タンス預金ばかりをしている限りは、真の経済成長は望めない。
経済成長とは、拡大再生産のことである。
商品でもサービスでも労役でも、コストに相応しい価格設定でこそ
経済構造のバランスが高値安定することになる。
コストがかかりながらも、不当廉売の大量消費では
資源の枯渇と自然環境の破壊しか招かない。
これこそは、まさにユダヤ陰謀論に言われる「人口削減計画」に
格好の口実を与えるものである。

反日破壊主義が日陰者になる未来が近い

www.youtube.com

ネットでの誹謗中傷事件に絡んで
時折、紹介する「スマイリー菊池事件」を思い出す。
このシステムによって、社会から排除されるリスクが高いのは
個人、民族への人権侵害、団体、企業の信用・評価失墜
国家への反逆的言動であるという。
国家の尊厳を尊重する者を「ネトウヨ」とレッテルして憎悪し
日本国と日本政府と日本国民を揶揄する
反日破壊主義者らが、まさにこれに該当する。
この動画に語られる、個人のビジネスも金融機能も自由な移動も
著しく制約される恐れのあるシステムを
仮に国際社会における国家間に適用したなら
日本にタカることを正当化するために
捏造史観で、日本の評価を貶める虚飾の法螺を世界に向けて吹聴し
諸外国を騙している中国、北朝鮮、韓国の特亜三国などは完全にアウトだろう。
各国がこの三国に不信感を抱き、相応の対策をしたなら
特亜は、ほとんどの諸国から国家間の関係を遮断され
交易も国交も資本取引も含めて、全てが停止されて
国際社会から孤立することになる可能性もあるのではないか。
            ◇
一方、個人に適用されたなら、反日破壊主義者らは
就活者の場合は、無条件に企業から門前払いされるだろう。
共産党に唆され、反日学生団体・SEALDsの代表として
国会前で太鼓を叩いて踊り、国会で意見陳述までした奥田などは
卒業後の就職活動で、完全に干されたとの情報があった。
社会人であれば、所属企業や団体内で、閑職に追いやられたり
リストラの優先対象とされるだろう。
家庭人であっても、近隣住民や地域社会に知れたなら
村八分状態になりかねまい。
企業であれば、取引先から敬遠され
新規開拓はもとより、既存の契約も減っていくだろう。
これまで
反日破壊主義は、問答無用で否応なく
 社会から排除されるだろう。
 そのため、極道者と同様に日陰道を
 こそこそと生きていくしかなくなるぞ」
と、主張してきたが、まさにそれが現実となりそうだ。
だが、それは当然のことだ。
理由は単純で、いつも説明していることだが
社会を破壊しようと目論む悪人を、社会が受け入れるはずがない。
にも関わらず、匿名だから個人情報がバレないなどと
安直に信じて、調子に乗るバカが多いのに、日々驚かされる。

苛政は虎よりも猛なり

民・希の新党名は「国民民主党」=週内の正式合意目指す

www.jiji.com

…で、有権者の支持率は、どうなると思うのだ?
小泉構造破壊政権から民主売国政権までの間に
日本社会で起きたことは、何だったか振り返ってみろ。
年間の自殺者は3万人。生保受給で外車に乗り
パチンコに興ずる糞在日ゴミチョンコロどもが急増する一方で
日本国民の生保申請は受理されず、餓死する貧困者が全国で続出。
三重県の福祉部長などは、生保の不正支給の見返りに
その一部を返還させて、私腹を肥やしていたことが発覚したではないか。
かくして「コンビニのおにぎりが食べたい」と、言い遺して餓死した者。
コンビニのおにぎりを盗んで逃走し、狭いビルの隙間に逃げ込んで挟まり
身動きが取れずに逮捕された者。
空腹のあまり、建設現場に止めてある作業員の車中にあった
弁当を盗み食いして逮捕された者。
本来は犯罪とは無縁の悪意なき老人によるコンビニ強盗が、どれほど起きたか。
やむにやまれずに強盗に入った老婆は、レジ係に言ったという。
「ごめんなさい。刺す気はないの。少しで良いから、おカネをちょうだい」
無職ホームレスの公園生活を脱し、ようやくブラック企業に職を得て
念願の安アパートに入居はできたものの
常識外の低賃金のためにクーラーが買えず、夏に熱中症で自室で死亡した者。
戦後に糞チョンコロ進駐軍の糞ゴミどもが
闇市で荒稼ぎすべく、配給制の物資を略奪しまくったお陰で窮乏し
餓死者や、やむなき犯罪者が続出した混乱期ならいざ知らず
GDP2位にまで復興し、モノが溢れる技術大国となりながらも
ここは飢饉のアフリカかと思うような
目を覆わんばかりの同情すべき惨状だらけだったではないか。
              ◇
人生に希望を失い、絶望の果てに自ら命を絶つような政治とは、どんな政治だ??
餓死者が続出する政治とは、どんな政治だ???
観光で訪日した外国人は、日本は格差の少ない
高度成長社会だと口々に評価するが
当時の台湾紙は、こうした日本の実態について
「愚かな政権のために、国民が苦労させられている」と報じていた。
外国のマスコミですら、真相を知っていたのだ。
「国民が第一の政治を目指すために、」なんぞと
白々しい美辞を臆面もなく口にしているが、どんな政治を行うつもりだ??
ロクに財源も確保できずして
カタり主義の糞在日や外人には「子供手当」とかなんとか称して
日本人が汗して稼いだ税金をバラマキ
主権者たる日本国民に対しては、またも自殺者3万人を目指すつもりか、コラ。
それとも、数千万に上る餓死者を出した支那の「大躍進政策」でも行うつもりか。
子曰く「苛政は虎よりも猛なり」
侵略主義の支那とタカり主義のチョンコロの手先でしかないキサマラは
日本国と日本国民にとっては、有害無益の害虫でしかない。
とっとと退場しろ。政治の舞台からではない、人生の舞台からだ。
キサマらにできる唯一の善行は、それしかない。
さっさとせんかい!ゴミども!!!!

見苦しい虚栄心による見苦しい光景

通勤電車でイライラする瞬間 TOP10

nikkan-spa.jp

日本橋からバイト帰りの深夜のこと。
地下鉄車内は全席が埋まり、立っている乗客もいたが
混雑で車内の見通しが利かない状況ではなく、比較的に空いていた。
だが、ふと何気なくただならぬ気配を感じ、その気配の元を探った。
そこには坊主頭にメガネ、スーツの若い男がシートに座り
その前には、先輩と思しきサラリーマン崩れのような
スーツにトレンチコートのオヤジが仁王立ち。
異様に感じた理由は、アルコールが入っている時間帯だけに
ほとんどの乗客がリラックスして座っているのに
その坊主サラリーマンだけは背筋を伸ばし、緊張に上気したような顔で
真っ直ぐに中年サラリーマンを上目遣いに睨み上げていることにあった。
           ◇
これは何かやっているな…と感じて、観察することにした。
二人の会話は、明瞭に聞き取れなかったが
中年から聞こえてきた断片的な言葉は「目を逸らすな!!!」。
対して、坊主は時折「はっ!!!国家でありますっ!!!」
などと大声で発言している。
覚えずプッと噴きだした。いわゆる体育会系右翼のノリである。
瞬時にシチュエーションが分かった。
二人は酒席で酔った帰路にあるが
何を思ったか、中年サラリーマンは酔いに任せて周囲に威光を振りかざし
粋がって虚勢を張りたくなったのだろう。
「オレは国家を心配しながら働き、ストイックに生きているのだ。
 いまここに居る周囲の凡人どもとは、格が違うのだ」
「オレたちは日々、このように厳しいスパルタに生きている。
 お前ら甘ちゃんとはワケが違うぞ」とでも言いたい心境なのだろう。
           ◇
これは面白いぞ。
この愚かな二人は、必ずや行動に歯止めが利かなくなって
エスカレートするだろうと予測しながら眺めていたら
果たして、中年は坊主に怒声を浴びせるだけでなく
やがて頬をつねったり、ビンタで張り飛ばしたり
短い坊主頭の毛をわしづかみにして揺するなど、やりたい放題を始めた。
恐らく「これしきのことに耐えられずして、どうする!!」
とでもほざいているのだろう。
いわば、戦争映画でよく見られる軍隊のお馴染みのシーンである
「気を付けっ!!!歯を食いしばれ!!!!」を、真似ている積もりだろう。
そうした中年の目に余る蛮行に、近隣の客も制止する素振りを見せ始めたが
制止されればされるほどに、むしろ感情が刺激されるものである。
中年は、しまいには坊主に覆い被さるようにして拳で殴りだした。
そろそろ坊主がキレる頃だろうと思っていたら
案の定、堪忍袋の緒が切れた坊主は、突如として猛烈な勢いで襲いかかり
中年は勢い余って、扉まで吹き飛ばされる格好となった。
さすがに周囲の乗客が止めに入ったが
中年は飼い犬のつもりで狼藉していた手下に、手を噛まれた不様を恥じてか
照れ笑いをしながら制止する客をなだめつつも
虚栄心をぶち壊されて恥をかかされた怒りが爆発。
坊主を激烈に殴打したその時、電車が駅に到着したので
坊主を車内から引きずり出して、出て行った。
           ◇
何とも見苦しい、後味の悪い光景である。
二人とも健在ならば、坊主は今や中高年。中年は老境の域であろう。
今にして、当時の愚行をどう振り返るのか
心境を聞いてみたいものだ……(嘆息
もしも、その光景を現代に見かけたならば、たぶん言うだろう。
「おぃ、あんた。
 国家、国家とハンパに愛国者を装って
 下らんデモンストレーションを見せつけるくらいなら
 教育勅語でも暗唱して見せたらどうだ。
 森友学園では、幼児ですら暗唱しているぞ。
 あんたには出来るのか?それが」

公共事業批判を再発させるな-建設業は自己保身に走るな

公共事業評価、4分の1に問題 効果水増し、費用過小に

www.asahi.com

最近、耳にする情報だが、業績回復した建設業の業績がバブル期を越え
従業者の給与所得が、金融機関関係者を越えたという。
当時の不動産バブルでは、単価規模が大きい不動産が活発に取り引きされ
市中には資金が潤沢に循環していたことから
その決済を扱う金融関係者の手取り収入は「給料袋が立つ」などと言われていた。
その不動産需要を押し上げていたのが、公共事業であり
近年の建設業の好調も、アベノミクス第二の矢と指定される公共事業の恩恵である。
小泉内閣以降、民主政権までの間に、絶滅に近い状況にあったところへ
大型官需であるから人員不足は深刻で、まさに超好待遇でなければ
人員を確保できないのが実態である。
              ◇
しかも、かつての公共事業と建設業のイメージ悪化で
新卒者の建設業への就職に親が反対してしまい
建設業界にとっては、人員確保の足枷となっている。
このため業界各社は、現場見学会や地域ボランティア活動や
地域イベントへの協力などイメージアップの戦略に必死である。
ただ、これらは建設の最前線となる工事現場関係者に任されていながら
そのための経費は本社、支店が采配権を持って管理するため
現場関係者の裁量に任されていない。
ある工事現場関係者と会話した際に
「我々は人里離れた建設現場で飯を食っているのに
 その経費を管理する支店の奴らは
 街場の小綺麗なレストランでランチを食っているではないか」
とこぼしていた。
              ◇
公共事業の財源は、税金という公金である。
支店、本社は、業界イメージの回復のために、支出を惜しんではなるまい。
ただでさえ、庶民は景気回復が実感されないのであるから
税金の恩恵を受けている建設業者が売上至上主義の
利己的な自己保身に走るのでは、またも公共事業批判が起こりかねない。
一方、現在は野党もマスコミも倒閣一辺倒の悪意の塊で
政府与党や官僚の箸の上げ下げにまで、重箱の隅を突いて揚げ足を取り
汚職事件であるかのように騒ぐ風潮である。
公共事業執行官庁である国交省農水省
その正当性に横槍が入らないよう、慎重であるべきだろう。

ハニートラップにしか見えないセクハラ問題--支那チョン傀儡の尻尾が現れ始めた日本マスコミ

名乗り出ないと認定困難=次官のセクハラ疑惑調査で-麻生財務相

www.jiji.com

テレビの報道解説を見ていて、あまりにバカ過ぎて嗤いが出てしまった。
真相が明確ではないので、どちらの擁護もできないが
報道側のレトリックが、余りにも稚拙な特亜の詭弁丸だしで
ついにここまで追い詰められたのか、と思えるほどに哀れな不様を露呈している。
セクハラ発言を受けた被害者本人が誰なのか不明のままで、何が追及できるのか。
いやしくも公人を卑しい罪状によって追及し
社会的名誉と印象を貶めているのである。
仮に法廷闘争となった場合に、被害者の証言もなく断罪するつもりなのか。
これこそは、ロジカルな法治主義が執行できない無能な支那チョンの
裁量主義の最たるものではないか。
              ◇
女性だから名乗り出られないなどと、甘ったれた理屈が通用するとでも思うのか。
まして被害者とされる女性は、一般庶民ではなく
第三の権力と言われるマスコミ関係者であるという。
なれば女性である前に、公益を代表して守る立場にあるジャーナリストとして
堂々と表舞台に登場し、真相を明かすべきではないか。
むしろ、チョンの慰安婦ババアが公の場で
辻褄の合わない偽証で失笑を買っている慰安婦問題の方が、まだしもではないか。
              ◇
追及する側の稚拙なレトリックから見て、目下のところ第三者の目には
支那の侵略に屈せず、チョンのタカりも許さない安倍政権を倒閣したい
特亜によるハニートラップにしか見えないのだが。
モリカケ問題で決定打が出ない現状に業を煮やした特亜が
今度は別の手でとばかりに仕掛けたハニートラップではないのか。
支那のハニートラップは、とりわけ巧妙であるとされる。
過去に様々な官僚や自衛官らが、その毒牙にかけられた前科がある。
歴史的にも、三国志劉備元徳が、孫権の妹を娶った時に
酒池肉林の堕落の計を仕掛けられたようなものである。
また、証拠の隠滅のみならず捏造もお家芸であり、捏造のデパートでもある。
東京裁判で日本を極悪人に仕立てたいGHQに呼応し
捏造資料の作成協力には、かなり積極的だったと言われる。
かくして、渦中の次官に似た声の男性を選び
声色を使って語調を真似れば、いくらでも偽装は可能だろう。
声紋鑑定といったところで、部分的に共通点が見られただけで
全面的に一致したわけではない。それにどこまでの証拠能力があるのか。
              ◇
特亜の異常な詭弁論法の一つに「悪魔の証明」と言われるものがある。
盗人に対して被害者が「盗んだものを返せ」と迫った時に
「これがお前のものであることを証明するニダアルヨ」と居直るものである。
また、強盗が追跡から逃れる際には「助けてくれ、強盗だ!」と喚く。
これは、自分の罪状の転嫁と冤罪である。
こうした詭弁詐欺を、支那尖閣、チョンは竹島や仏像で行っているのである。
何しろ、人類共通のモラルとは正反対に生きる非人のイナゴとダニであるから
バレバレの詐欺でも、臆面もなく平然と行える無恥な神経の持ち主である。
そうした自省するだけの理性も知性もない図々しさが
世界から嫌悪され、侮蔑される原因であることを当人らは自覚できない。
かくして、今件においてこうした卑劣で稚拙な特亜のインチキロジックを
そのまんま用い始めた日本のマスコミは、この連中の傀儡・走狗であることを
自ら自白していることになるのではないか。